東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

Tohoku University of Art and Design,
Institute for Conservation of Cultural property

  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .

お知らせ, シンポジウムなど

全国石工サミット in たかはた 開催のご案内

2018年10月04日

文化財保存修復研究センターでは、「全国石工サミット in たかはた」を10月13日(土)に高畠町・瓜割石庭公園にて開催します。

本学は、地域の文化財を活用する「文化財マネジメント」の取り組みを進めています。本サミットは、地域固有の景観や伝統技術を伝えていくためには保存対策とともに、その活用をはかり地域資源としての高畠石に対する関心を高めていく必要があると考え、来場者や住民たちが石切の伝統技術や石の町の景観の価値について学び、寒冷地における石造文化財への関心と保護意識を高めてもらうことを目的としています。この機会にぜひご参加ください。

全国石工サミット in たかはた
日程:2018年10月13日(土) ※雨天決行
場所:高畠町・瓜割石庭公園 ※「道の駅たかはた」より東へ1km

第1部 9:00〜石彫ワークショップ「灯」
第2部 13:00〜石切実演・体験
第3部 15:00〜石切山コンサート・芋煮交流会

参加費:無料
主催:東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター
後援:文化財石垣保存技術協議会、山形県教育委員会、高畠町教育委員会
協力:安久津二井宿振興会、高畠町石材工業組合、高畠石の会、山形県石材技能士会

関連イベント:10月14日(日)9:00〜12:00
山形市山形城跡にて文化財石垣保存技術協議会員らにより石垣石の矢割り・ノミ焼きの実演を行います(見学無料)

お知らせ

公開講座のご案内

2018年10月04日

タイトル:『水損図書レスキューのその後』

講 師:米村 祥央 教授

日 時:平成30年10月12日(金) 18:00~19:30

会 場:東北芸術工科大学 本館301号室

 

今回の連続公開講座では、米村教授に水損図書レスキューについてご講談いただきます。米村教授は2011年の東日本大震災で被災した資料のレスキューを行ってきました。
7年経った今、資料の処置の事例を交えてお話しいただきます。

ご興味をお持ちの方は、お誘い合わせの上、お気軽にご来場賜りますようご案内申しあげます。センター研究員一同、こころよりお待ち致しております。

 

お知らせ

公開連続講座のご案内

2018年07月10日

タイトル:『正倉院宝の国産品と輸入品』

講 師:成瀬正和 客員教授

日 時:平成30年7月21日(土) 14:00~15:30

会 場:東北芸術工科大学 本館301講義室
               〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

  正倉院宝物はおおよそ1300年前に作られたものです。その中には日本で生産された物もあれば、海外からの輸入品もあります。
 今回の公開講座では、宝庫・宝物の保存管理,調査研究,整理や修理に深く携わってきた講師の成瀬先生に成果の一端をお話しいただきます。

 講座終了後、本学への入学を希望・検討されている高校生や、保護者または高校の指導教員を対象に入学個別相談会を開きます。
文化財保存修復学科について詳しくお知りになりたい方、興味を持たれた方は是非この機会に本学科教員や本研究センター研究員とお話しをしてみませんか。

ご希望の方は高校名・ご氏名を メール(iccp@aga.tuad.ac.jp)、
もしくはFAX(023-627-2303)までご連絡下さい。
先生方や保護者の方も一緒にご参加いただけますので、お名前の併記をお願いします。

ご興味をお持ちの方は、お誘い合わせの上、お気軽にご来場賜りますようご案内申しあげます。

センター研究員一同、こころよりお待ちしております。

お知らせ

公開連続講座のご案内

2018年06月05日

タイトル:

「善寳寺五百羅漢修復プロジェクト」

・第20回 ~20年の時をかけて~

・第21回 ~修復の現場2017~

 

講 師:第20回 柿田 喜則教授  第21回 笹岡 直美准教授

日 時:第20回 平成30年6月22日(金) 18:00開始

       第21回 平成30年6月29日(金) 18:00開始

会 場:東北芸術工科大学 本館301号室

 

 今年度最初の連続公開講座では、古典彫刻修復の専門である柿田 喜則教授、 笹岡 直美准教授に、現在行っている善寳寺五百羅漢修復についてお話をしてただきます。柿田教授には修復に携わる時の想いや心構え等、笹岡准教授には具体的な修復事例を交えて作業面等、実際にどのような修復が行われているか詳しく伺います。

ご興味をお持ちの方は、お誘い合わせの上、お気軽にご来場賜りますようご案内申しあげます。センター研究員一同、こころよりお待ち致しております。

お知らせ

公開講座のご案内

2017年12月04日

タイトル:『津波被災作品の応急処置から保存修復を終えるにあたって
      ~宮城県石巻文化センター日本画への取り組みから~』

講 師:大山 研究員

日 時:平成29年12月9日(土) 14:00~15:30

会 場:東北芸術工科大学 本館301号室

 

 本年度最後の連続公開講座では、講師の大山研究員より津波被災作品の応急処置についてお話をいただきます。2011年の東日本大震災から早くも6年半が経過しました。その間に行われた石巻文化センターの日本画作品の保存修復を、事例を交えてお話しいただきます。

ご興味をお持ちの方は、お誘い合わせの上、お気軽にご来場賜りますようご案内申しあげます。センター研究員一同、こころよりお待ち致しております。