東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

Tohoku University of Art and Design,
Institute for Conservation of Cultural property

立体作品修復部門

立体作品修復部門では、所蔵者からの依頼を受けた受託研究事業として、修復および調査・研究事業を行っています。具体的な活動としては、仏像・獅子頭・面などの古典彫刻文化財および陶磁器や雛人形といった工芸作品や近現代の彫刻作品などの保存修復事業、または保存修復および美術史的見地による研究調査活動などで、当センターのそれぞれの専門家が保存修復および調査の研究事業を実践しています。

立体作品は、木材、ブロンズ、石膏、石材、セメント、土、布などの多種多様な素材を時には複合的に組み合わせて成形されています。また造形された表面には、顔料、染料、漆、合成塗料などの装飾が施されている場合が多くあります。さらに現代美術作品では、生活用品や廃材を組み合わせて造らされた作品などもあり、立体作品を構成する素材は多種多様です。それらの複合素材で構成された作品の修復に対し、立体作品修復部門では作品の表現形態によって区別するのではなく、文化財を構成する物質的な側面からの視点に立った保存修復活動を実践しています。そのため、当センターの他の修復分野はもとより、学内の創作系の各分野や学外の研究者らと活発な意見や情報交換を行うなど、大学附属研究機関としてのメリットを活かした研究を行っています。また、作品に用いられている材料の特定や劣化状況の診断のためには、自然科学的なアプローチによる分析・調査が不可欠になるため、最新の分析機器を整備した保存科学部門と連動した研究を実践しています。

立体作品は、温湿度の変化や紫外線などの光による劣化、虫・黴・菌類・小動物による生物被害など、文化財が置かれてきた環境が損傷の原因となっている場合が多くみられます。また、人為的に発生した転倒や落下などによる損傷、災害などによって受けた特異な被害、さらに文化財が造られた後に施された修理によって損傷が拡大しているケースなどもあります。

文化財の保存修復は、そのように壊れた箇所をただ元の様に修復すれば良いというわけではありません。それぞれの文化財には、造られ、伝えられ、大切にされている意義があります。そのため、文化財の物質的な損傷の把握だけではなく、文化財がもつ歴史性、宗教性、芸術性といった多面的な意義について調査・研究を行うことで、文化財が失った目に見えない価値を取り戻すための考察を行っています。そして、文化財をより良いかたちで未来へと伝えていくために、最善の保存と修復の方法を導き出すことを目指しています。

このような入念なコンディションチェックや文化財意義の考察によって導き出した方針をもとに、修復材料や処置方法について、サンプルを用いた実験などを踏まえた慎重な検討を行ったうえで、個々の文化財に最適な修復処置を実践していきます。当センターで行う修復処置は、常に物理科学的な研究姿勢のもと、洗浄処置、剥落止め処置、補彩処置、復元的補作処置などの修復に特化した作業に対し、国内外の最新の研究成果を踏まえた方法と伝統的彫刻技術や漆芸技術などを駆使した先進的な修復処置を実践しています。

当センターの立体作品修復部門には、作業用実体顕微鏡やレーザークリーニング装置などの繊細かつ的確な作業を可能にする特殊機器や大型クレーンや換気ダクトなどを完備し、また修復に必要な多種多様な加工機材や幅広い修復材料を常備することで、多様な文化財の修復に対応できる体制を整えています。

これらの活動は、美術館や博物館などの展示収蔵施設や他大学や研究所などの教育研究機関との連携を行ったり、地域で信仰されている宗教文化財の保存修復に関して宗教施設や地域住民、行政機関と連携した活動を実践したりといった、文化財を日常的に管理している方々と一緒に次世代へと伝えていくための取り組みもしています。また、文化財がおかれている環境の調査や管理体制の改善を行うことで、文化財が劣化、破損しないようにするための予防的な保存体制の研究にも力を入れています。

立体作品修復部門での研究活動の成果は、報告書や研究論文の執筆や学会発表などでの公表を行うとともに、本学の美術史・文化財保存修復学科との連携による本物の文化財が身近にある状況を最大限に生かした教育活動での人材育成を通して、文化財保存修復分野の発展に貢献したいと考えています。

このように立体作品修復部門では、大学附属の研究機関としての責務を常に意識し、他分野との連携や充実した設備などの当センターの特性を最大限に活かしながら、科学的な視点と伝統技法を含めた洗練された技術による先進的な保存修復活動を行っています。そして、保存修復活動において一つ一つの文化財に真摯に向き合うことで、地域や日本にとって有益な文化的創造に寄与する研究活動の実践を目指しています。


立体作品修復|調査・撮影

調査・撮影|文化財の状態点検を含めた調査・撮影を行っています。(山形市教育委員会依頼『ふるさとの仏像』のための調査・撮影)

立体作品修復|洗浄処置

洗浄処置|金箔の上に付着した極薄の蒸着膜を、レーザークリーニング装置を使用して除去します。(山形市・酢川温泉神社「木造神額」保存修復)


立体作品修復|ブロンズ作品の修復

ブロンズ作品の修復|屋外に設置されているブロンズ作品のメンテナンスを行っています。(宮城県・宮城県美術館「スピンドル」保存修復)

立体作品修復|剥落止め処置

剥落止め処置|石膏の上に塗られた塗膜の浮き上がりを接着しておさえます。(山形市・山形美術館 新海竹蔵作「メディチのトルソ」保存修復)


立体作品修復|後補塗膜の除去

後補塗膜の除去|後世に施された墨塗りを除去し、制作当初の彩色を取り戻します。(西川町志津・旧玄海参籠所安置「木造不造明王坐像」保存修復)

立体作品修復|虫穴充填処置

虫穴充填処置|虫によって食害された孔に充填材を補填します。(鶴岡市・六所神社「木造六所権現本地仏」保存修復)


立体作品修復|復元補作処置

復元補作処置|欠損した箇所に新たな木材を用いて復元的な補作を行います。(鮭川村・月蔵院「木造聖観音菩薩立像」保存修復)

立体作品修復|補彩処置

補彩処置|修復で新たに補った補填、補作箇所に補彩を施します。(鮭川村・月蔵院「木造聖観音菩薩立像」保存修復)


立体作品修復|修復前

修復前|山形県鮭川村・月蔵院観音堂(庭月観音)「木造聖観音菩薩立像」保存修復

立体作品修復|修復後

修復後|山形県鮭川村・月蔵院観音堂(庭月観音)「木造聖観音菩薩立像」保存修復