東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

Tohoku University of Art and Design,
Institute for Conservation of Cultural property

お知らせ

公開講座のご案内

2019年10月30日

お城の石垣と歴史的建造物の保全-災害とどう向き合うか-

講 師 :北野博司 教授

日 時:令和元年11月8日(金)

    18:00~19:30 参加無料

会 場:東北芸術工科大学 本館301号室

 事前申し込み不要、参加費は無料です。

どなたでも御自由に聴講できます。

 

 

 平成の時代に起こった東北地方太平洋沖地震や熊本地震は記憶に新しい。城下町都市の中核をなすお城の被災は文化財としての価値の喪失だけでなく、住民の心にも大きな傷を与える。一方で崩壊した石垣や建造物の文化財修理の営みは都市住民の歴史的アイデンティの再生と新たなまちづくりの原動力にもなる。二つの大震災の復興は現在も続いているが、ここでは小峰城跡や本城跡の復旧工事を紹介しながら、私たちは自然災害とどう向き合っていけばよいのかを考えてみたい。

  ご興味をお持ちの方は、お誘い合わせの上、お気軽にご来場賜りますようご案内申しあげます。センター研究員一同、こころよりお待ち致しております。