東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

Tohoku University of Art and Design,
Institute for Conservation of Cultural property

お知らせ, シンポジウムなど

研究成果展 「ヤマ ノ カタチ ノ モノガタリ」のお知らせ

2014年11月26日

文化財保存修復研究センター研究成果展

「ヤマカタチモノガタリ」 【地域文化遺産の保存と伝承】

展覧会紹介映像      

会 期: 2014年12月13日(土)-12月23日(火・祝日) 
      *15日(月)の休館日を除く10日間

会 場: 文翔館(山形市旅篭町3丁目4番51号)

時 間: 9:00-16:30
        *最終日23日は15:00まで

■入場無料

主 催: 東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター 
後 援: 西川町教育委員会・大江町教育委員会
     高畠町教育委員会・ 山形市教育委員会・山形県教育委員会
協 力: 株式会社リバースプロジェクト
     オオホリ建託株式会社

文化財保存修復研究センタ-では、平成22年度から26年
度までの5カ年間文部科学省の支援を受けて取り組んできた
複合的保存修復活動による地域文化遺産の保存と地域文
化力の向上システムの研究」に関する研究成果の内容を、
究対象となった地域の文化遺産ともに展示する研究成果展を
開催いたします。

本展覧会では、研究を通じて再発見した山形に現存する
「地域文化遺産」を生み出された背景ともに“地域文化の物語”
として紹介し、山形で展開された文化の魅力を、展覧会を通じ
て体惑できるような展示を企画しています。

展示概要
第1室: 「糸と紙の再考」(主な展示品:青苧と和紙) 
    「蚕と絹と神様と」(養蚕道具と絹)
第2室: 「小さな祈りの交点」(絵馬と獅子頭)
第3室: 「歴史のはざまに-高橋源吉と山形」(近代洋画)
第4室: 「仏師の系譜」(中世から近代の仏像)
第5室: 「隠された湯殿山」(仁王像)
第6室: 「御沢仏と湯殿山信仰の復興」(御沢仏群像)
第7室: 「地域文化遺産の保護」「未来へ(エピローグ)」
     (現代美術作品・地域文化遺産の保護活動)
第8室: 「石とともに生きる 」(高畠石・石工道具)

チラシのダウンロード(3.4MB)
図録のダウンロード

 

 

展示期間中にはイベントを開催いたします。

●トークイベント
 12月13日(土) 14:00-16:00(開場 13:30)
 会場:文翔館議場ホール ■入場無料

出演
  伊勢谷友介(株式会社リバースプロジェクト代表)
  藤原徹(本学文化財保存修復研究センター副センター長 
       美術史・文化財保存修復学科学科長)
  北野博司(本学文化財保存修復研究センター研究員 歴史遺産学科学科長 )
  *諸事情により出演者が変更になる場合がございます。

 トークショーは予約制となっています。ご希望の方は下記の電話番号までご連絡ください。
 予約用電話番号:023-627- 2168

 

●地域文化遺産シンポジウム

  12月20日 (土) 10:00-17:30(開場 9:30)
 会場:文翔館議場ホール ■入場無料
 予約不要

 地域の文化遺産とその保護をテーマに、本学文化財保存修復研究センターの研究員からの
 研究成果発表と、ご来場の皆様方と地域の文化遺産についての語り合いを目的にしたシンポ
 ジウムをを開催いたします。

  ぜひご来場ください。