東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

Tohoku University of Art and Design,
Institute for Conservation of Cultural property

お知らせ, シンポジウムなど

平成25年度研究調査報告会「複合的保存修復活動による地域文化遺産の保存と地域文化力の向上システムの研究」

2014年03月04日

主催:東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

日時
2014年03月15日(土)9:30~17:00(開場9:00)

開催場所
東北芸術工科大学 本館2階 207講義室

参加費
無料

 

趣旨:
本センターでは、平成22年度から平成26年度の5年間にかけて、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択を受けた「複合的保存修復活動による地域文化遺産の保存と地域文化力の向上システムの研究」を実践しております。

 本研究事業では、総合的な地域文化遺産の保護を目的に、山形県内の西川町、大江町、高畠町の3町を主要な研究対象地域として、本センターに所属する保存修復(古典彫刻・東洋絵画・西洋絵画)、保存科学、史学(美術史・考古学・建築史)などを専門とする研究員が中心となって、地域の住民や行政機関、学外の研究者らと連携しながら研究を展開してまいりました。本研究の成果は、地域文化遺産への関心を促すだけでなく、その永続的な保護に寄与するとともに、地域の活性化に貢献できるものと考えております。

 研究期間の4年度目となる本年度においては、最終年度となる来年度を視野に入れつつ、調査範囲の拡大を図りながら調査、研究に取り組んでまいりました。その調査・研究の成果を、下記の通りの研究調査報告会において発表・報告させていただきたいと思います。

 当日は、発表会場にて、これまでの研究成果をまとめたポスターなどの展示もございます。
この機会に是非、ご聴講ください。

学外評価委員
入間田宣夫 (一関市博物館館長)
三浦  定俊 (公益財団法人文化財虫菌害研究所理事長・文化財保存修復学会会長)
佐藤  庄一 (山形考古学会副会長)

学内評価委員
佐藤  健治 (東北芸術工科大学歴史遺産学科准教授)

当日プログラム
司会:センター長 長坂一郎

 9:30~ 9:40     開会の挨拶
 9:40~9:55    研究主旨説明

 1部 テーマ1 
 9:55~10:10    「テーマ1研究概要説明」(岡田 靖)
10:10~10:50  「高橋源吉と山形」(大場詩野子)

10:50~11:05    休憩

11:05~11:45  「山形の近世から近代における人と信仰と造形」(岡田 靖)
11:45~12:25  「西川町獅子ヵ口諏訪神社にみる地域文化遺産の再評価」(大山龍顕)

12:25~13:15      昼食

13:15~14:10  「高畠まちあるきプロジェクト」(北野博司・長田城治)

14:10~14:15      休憩

2部 テーマ2
14:15~14:25   「テーマ2研究概要説明」(米村祥央)
14:25~14:45   「地域文化遺産の現地調査と環境要因による修復材料劣化」(米村祥央) 
14:45~15:15   「地域との連携による文化遺産の保護活動」(岡田 靖)

15:15~15:30      休憩

 15:30~16:00  「青苧と和紙の地域文化力」(大山龍顕) 
16:00~16:15   「教育普及活動の実践」(長田城治)

16:15~16:20      休憩

3部 来年度の展望と総評
16:20~16:40   来年度に向けての展望
16:40~17:00   総 評 
17:00                  閉会の挨拶(長坂一郎)

■お問い合わせ
東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター
住所:山形市上桜田3-4-5 電話:023-627-2204 FAX:023-627-2303

※ご注意 当日は大学閉館日のため学内食堂の営業を行っておりません。お手数ではありますが、終日の参加を予定されている方は、昼食をご持参もしくは学外でのご対応をお願い申し上げます。